www.shl-cozinhas.com

外為の本では「損失が生じた場合はナンピンをしてポジション全体の価格をコントロールする」などと述べられているが現実的にはそこには大きな危険があります。まずはじめに、ナンピン買いの手法について易しく説明しておきます。たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いだからドル高になればなるほど利益が出ますが1ドルが95円まで円高に振れてしまったとします。そのままポジションを維持し続けたら損失が戻るためには損した分円安に進む必要があります。損は早急に取り戻したい考えます。そのためはじめに注文したのと同じだけの$を、1ドル95円で買い増します。すると、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。つまり、半分の幅で円安が進めば、損失を失くすことが出来ます。この流れがナンピンのやり方です。このとおり、ナンピンの方法を耳にすると「もっともだ」という気分になるが為替相場は易々と思うようにはいきません。もとより、1ドル=95円が下限だとということなど、誰にも予想できません。たとえば、外国為替市場がドル安傾向であるならば1ドル=95円ではとまらずドル安に進む危険性が高くなります。1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安が進んだらナンピンしたポジションについても、差損が生まれます。こういう状態では初めに注文したドルと合わさってマイナスを被ることになります。例示したとおり、ナンピン買いは大変です。それでは、市場がストーリー展開とは逆向きにどんどん進んでしまった場合、どういう方法で危険性を軽減すればいいのでしょうか。この場面では選べる方法は限られています。まずひとつはあきらめてポジションを閉じる事です。もうひとつの手段としてはその時点で、自分自身が保持している買いポジションを縮小することで、改めて相場が回復するのを動かないで待つ事です。弱腰の術だと思う投資家もいるkもしれません。けれども、自分が所有しているポジションに損が出た時、最も効果のある術はこれよりいいものはないです。なるほど、机上ではナンピン買いをするという術もありえます。だがしかしナンピンは、あなた自身がマイナスになっているのに、買いポジションを減少させるどころか、反対に買いポジションを積んでいく手法です。この対策では、危機を避けることなど、とてもやりようがないと考えるべきです。ナンピンをしていけば最終的には勝てるかもしれない。だが、それより前に投資資金はショートしてしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shl-cozinhas.com All Rights Reserved.