www.shl-cozinhas.com

予期せず、突然出会うのが乗用車の事故です。この場面で何をどうやって対処する結果が原因となり自動車保険料の支払額もかなり変わるケースも想定されますので的確な決断力と対策が不可欠です。予測できない場面に遭遇してパニックになってしまったとしたら状況を見失ってしまい、それから損をすることも想像できるので乗用車の事故に巻き込まれた時には正確に以下に記述した判断するとよいかもしれません。事故を起こしたケースで一番にする事は負傷者がいるかどうかのかを確認する必要があります。乗用車の事故後すぐはパニックになって喪心状態になってしまう時がありなかなか行動できないのが当然です。なので、怪我をした方がいた時に危なくない地点に移して応急手当をして、周りの人に助けを求める等して救助最優先に努めることが大切です。119番に電話をする場合は適切な事故の場所を伝えて不明確な状況では近くの目を引く建物や町名を知らせて事故の現場の住所が判断できるようにします。2番目に110番に知らせ、自動車の事故が起こった事そして現状を知らせます。救急車とパトカーの到着を待っている内に怪我人のことをチェックします。姓名、住所、電話番号、免許ナンバープレート、事故の相手の方の保険会社名等各々の内容を伝えます。特に事故の相手方に過失が存在する場合には事故現場で処理するケースがありますが現場でやり取りするのではなく、どんな状態だとしても警察や保険屋さんに届け出て正確にチェックしてもらう事が必要です。お互いの情報をやり取りしたら他の交通の妨害にならないために障害となる物を路上から除去します。万が一障害となった物が車の邪魔になっている状況なら、互いの情報を交換する前にこれを行うことは問題は起こりません。ここで自分自身の入っている車の保険会社に電話をして、車での事故があった事を連絡します。交通事故から特定期間の間に自動車の保険会社に電話を入れておかないと保険の適用されない場合もありえますので遅れることなく電話をすることが大切です。可能であれば事故の跡としてデジタルカメラやタブレット等を用いて状況や車の破損箇所を見ることができる写真を撮ります。その写真は過失のパーセンテージ決める時に大きな証拠となりますので自分自身の愛車や相手の愛車の故障個所をちゃんと証拠写真として残しておくことが大事です。この時に他の人がいたとしたら警察の方や保険屋さんの人が駆けつけるまで事故現場にそのまま待ってもらうよう呼びかけることも忘れてはいけません。
Copyright © 1999 www.shl-cozinhas.com All Rights Reserved.